ジャングルファティーグ中期型ジャケット

DSC001SECONDSTYLETCUJ.jpg

ジャングルファティーグ 中期型ジャケットです。
ベトナム戦争期から80年代中期辺りまでマイナーチェンジを繰り返しながらも使用されたジャングルファティーグの中で、俗にセカンドスタイルと呼ばれております。

本品は中田商店さんのオリジナルブランド、セスラーによる待望のレプリカ品です。

1965年より更新されたジャングルファティーグで、生地は初期型同様にコットンポプリンを使用しておりますが初期型と中期型の相違点はエポレット、ジャケット背部のアジャスターを残しつつ、初期型に見られるボタンが露出したポケットフラップを隠しフラップに改良した物と言えましょう。

翌年の1966年にエポレットを省略した後期型(コットンポプリン及びサードスタイル)に更新された為、短命に終わったバージョンです。

この中期型ジャングルファティーグジャケットですが映画『プラトーン』でも後期型に混ざりながらもエリアスとテイラーが着用しているのが確認出来ます。

さて本品の購入の経緯ですが、ベトナム戦装備収集リニューアルを機に、既に購入しております後期型上下に補足的意図で購入しました。
ただ、上下セットアップでなくジャケットのみの購入なのでパンツはそのまま後期型の物を流用しております。

時代設定としては配給が行われた1965~1966年ではなく後期型と同じく70年辺りの設定にしております。

徽章類は第1騎兵師団、第101空挺師団両SSI(ショルダースリーブインシグニア、部隊章)、技能章共にローカルメイド型サブデュードのレプリカ品(ベトナム戦後の製品)です。
ちなみに第1騎兵師団SSIと技能章は手刺繍品です。
シェブロンは簡易型サブデュード カットエッジのレプリカ品です。
U.S.ARMY、ネーム両テープはあえて1968年以前に見られる直線貼りにしております。


DSC001 LOCMAHD 1STCAVDIVPATCH
全体図では判り辛いので、アップ画像を。
ローカルメイド型の手刺繍第1騎兵師団SSI。

DSC001 LOCMAHECIBPB
同じくローカルメイド型の手刺繍戦闘歩兵章(上)と空挺章(下)。

第1騎兵師団SSI共にアメリカの職人さんが仕上げた物です。
出店先はe-bayで英語が堪能な友人に頼んで購入しました


DSC001 TW LOCMAHD1STCAVDIVPATCH
既存の後期型ジャケットに貼ってある簡易型第1騎兵師団SSI(左)との比較。
ん~どちらも良い


今回はローカルメイド型パッチを取り入れてみましたが、その野暮ったい独特な雰囲気がまた個人的に良い感じだと思います。

何と言うのでしょうか?
勝手にベテラン隊員らしく余剰品を使用してますスチュエーションってところです

そうエリアス風を気取りながらも、オニール曰く「古参風を吹き回しやがって!」しております

活動再開予告と新規装備

今晩は

暫くぶりの更新です。

前回の投稿より約5か月ぶりですが
その間、実は8月中頃辺りにバイク転倒事故で怪我(指骨折)をしてしまいサバゲー活動を休止しておりましたが、おかげさまで完治した事(と言うか9月中頃辺りに完治してりましたが)で近日中にも再開出来たらと思います。

そんな中、以前の投稿で「もう装備品収集をしない」と言っておきながらも、
そんな、事故、怪我の痛みを抑える理由からか?どさくさ紛れに

DSC001DC6BH3.jpg

フリッツヘルメット用6cデザートカバー(90年度調達品)と3cデザートブーニーハット



DSC001DCUJP.jpg
新デザート及び3cデザート迷彩(以下、DCU)上下を新規購入しました

ヘルメットカバーは既に購入しております83年度調達の擬装用スリット付きの物とは異なり偽装用スリットが省略された90年度以降の調達品となります。

DCUと3cデザートブーニーハットは毎度おなじみのロスコ社製。

ヘルメットカバーと戦闘服から『ブラックホークダウン』のレンジャー、デルタ・フォースをやる訳ではありません。
画像からソマリア内戦時の第10山岳師団 第14歩兵連隊 第2大隊の隊員を脳内構想中です。

上記、装備品の詳細はまたホームでアップ出来ればと思います。

では、またフィールドで

2016.6.26:バトルシティー定例会

2016(平成28)年6月26日(日)、YDZさんの遠征に参加させて頂きました。
遠征地は千葉県は佐倉市に所在するバトルシティーさんです。

と言うか、未だにバトルシティー、デザートユニオン、ユニオンベースの識別できないとトンチンカンな事を言っている俺
とにかくユニオンと言うだけに連邦フィールドなんでしょうね?
と今更何を

さて、バトルシティーさんは約5年ぶりの再訪です。

今回は同フィールド主催による定例会になりますが以前はYDZさん、ZEROさん共同主催によるフィールド貸し切りでゲームをしました。

何よりもこのフィールドは約15年の時を経てサバゲー復活後に行った初の遠征地と言う思い深い地です

以下、ゲーム風景です。


DSC001UNIONBASE20160626.jpg

DSC002UNIONBASE20160626.jpg

DSC003UNIONBASE20160626.jpg

DSC004UNIONBASE20160626.jpg

DSC005UNIONBASE20160626.jpg

DSC006UNIONBASE20160626.jpg

DSC007UNIONBASE20160626.jpg

DSC008UNIONBASE20160626.jpg

DSC009UNIONBASE20160626.jpg

DSC010UNIONBASE20160626.jpg

DSC011UNIONBASE20160626.jpg

DSC012UNIONBASE20160626.jpg

DSC013UNIONBASE20160626.jpg

DSC014UNIONBASE20160626.jpg

DSC015UNIONBASE20160626.jpg

DSC016UNIONBASE20160626.jpg

DSC017UNIONBASE20160626.jpg

DSC018UNIONBASE20160626.jpg

DSC019UNIONBASE20160626.jpg

DSC020UNIONBASE20160626.jpg

DSC021UNIONBASE20160626.jpg

DSC022UNIONBASE20160626.jpg

DSC023UNIONBASE20160626.jpg

DSC024UNIONBASE20160626.jpg

DSC025UNIONBASE20160626.jpg
今回も砂漠、都市型フィールド向けに用意しましたデザートパターン、チョコチップ迷彩ことDBDUで参戦。

シナイ半島においてエジプトとイスラエル間の平和維持を目的とするMFO(多国籍軍監視団)で活動する第82空挺師団 第325空挺歩兵連隊 第2大隊の隊員風に監視ならぬ・・・

終始、戦闘(ゲーム)で1日楽しみました管理人

にしても国連はじめ何かと監視団要員ネタ好きな俺

ホーム更新のお知らせ

毎度お世話になっております。

これまで本ブログで紹介しましたウッドランド迷彩服、デザート迷彩服、その他、関連します装備品等の項目をホーム『COME BACK TO FIELD ポンコツゲーマー・隊員一人w』(本画面右下にリンクあり) に移設しました。

よりまして本ブログ内にありました上記の記事を削除させて頂きました。

これまで評価して頂けた方、本当に有難うございました。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

尚、こちらのお知らせも後ほど削除させて頂きます。

YAMA

2016.5.9/2016.5.22:サバゲー活動報告 

地元または近隣でのゲーム報告です。

平成28年5月9日(日) 逗子市ガーデンZさんにて


DSC001GDZ20160509.jpg

DSC002GDZ20160509.jpg

DSC003GDZ20160509.jpg

DSC004GDZ20160509.jpg

DSC005GDZ20160509.jpg

平成28年5月22日(日) 横須賀某所にて

DSC001YDZ20160522.jpg

DSC002YDZ20160522.jpg

DSC003YDZ20160522.jpg

DSC004YDZ20160522.jpg

DSC005YDZ20160522.jpg

DSC006YDZ20160522.jpg

DSC007YDZ20160522.jpg
さっとこんな感じです。

最後に
DSC008YDZ20160522.jpg
横須賀某所 密林ながらデザート迷彩を発投入した管理人
次の登場はやはり砂漠系フィールドまたは都市型フィールドでしょう
プロフィール

POSHIT

Author:POSHIT
2011(平成23)年8月28日のサバゲー復帰から現在までのサバゲー記録、イベント報告、雑記を綴っております。

平成29年3月26日現在

※時々、誤字脱字や投稿記事の内容、情報に誤りまたは展開があった場合、重要、特筆でない限りは予告無しで文章を変えている事もありますのでご了承下さいm(_ _)m

ブログ内の画像に関しまして
当方が撮影しました画像以外の物(他サイト様からの拾い物)につきましては画像下にサイト名またはURLのクレジットを記述しております。

注意:サバイバルゲームにおけるあらゆるトラブルに関しましては当方は一切責任を負いません事を御了承下さい。
全て自己責任でお願いします。

壁紙は『迷彩図鑑』様よりお借りしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR