LCリーフ迷彩カバー


DSC001 LCCOVER

DSC002 LCCOVER
70年代中期辺りから80年代初期辺りまで製造、使用されたM1ヘルメット用リーフ迷彩カバー(79年調達品)です。
軍装品コレクター達の間で俗にLCリーフ迷彩カバーと呼ばれております。

何で今さら本品を購入したかと言いますと前記事にあります『ジャングルファティーグ 後期型』と並行使用すると言う、これまた単純な理由であります

DSC001 ERDLCOVER

DSC002 ERDLCOVER
こちらは以前に紹介しました69年調達のERDL迷彩カバーです。
こう言う時しか、出番がない非常に悲しいERDL迷彩カバーですが

改めてこのカバーについて述べますと調達年度が69年事あってか、ベトナム戦争装備カテゴリーで紹介されているものの、ベトナム戦争時は大々的に使用された訳ではなく、一部の将兵のみに支給された模様です

さて、色んな方のサイト、ブログでも紹介、比較検証されておりますが、せっかくなので私もさせて頂きます。

DSC002 LE2COVERS
本題のLCリーフ迷彩カバーとの比較です。
違うのはカバー裏面のプリントが透き通っているのに対し、こちらは透き通っていません。

このカバーはデッドストック品が多く出回っているERDL迷彩、後のウッドランド迷彩カバーに比べてデッドストック品が非常に少ないです。
やはり使用頻度が高かったのでしょうか?

DSC001 M1LC
今回購入したLCリーフ迷彩カバーをヘルメットに被せた図。

そんなこんなでウッドランド迷彩カバーも合わせて。

DSC001 ELW3COVERS
左からERDL、LC、ウッドランド。

揃ったところで記念撮影
って、何の記念
スポンサーサイト
プロフィール

POSHIT

Author:POSHIT
2011(平成23)年8月28日のサバゲー復帰から現在までのサバゲー記録、イベント報告、雑記を綴っております。

平成29年4月26日現在

※時々、誤字脱字や投稿記事の内容、情報に誤りまたは展開があった場合、重要、特筆でない限りは予告無しで文章を変えている事もありますのでご了承下さいm(_ _)m

ブログ内の画像に関しまして
当方が撮影しました画像以外の物(他サイト様からの拾い物)につきましては画像下にサイト名またはURLのクレジットを記述しております。

注意:サバイバルゲームにおけるあらゆるトラブルに関しましては当方は一切責任を負いません事を御了承下さい。
全て自己責任でお願いします。

壁紙は『迷彩図鑑』様よりお借りしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR