2015.5.16-5.17:ベトベトしま戦か?第18戦-サイゴン陥落- (後半:2日目)

昨日の宴から一夜が過ぎ・・・。

5月17日、朝。

俺は目が覚めると同時にここでの生活を一人、回顧していた・・・。

それは・・・

DSC001 VETVET13RE
歩兵部隊員として俺が初めてベトベト地区に赴任し実戦に従事した『ウェンディーヒルズの戦い』。
この地での生き残り方を教えてくれたGG少尉(当時、1等軍曹)と出会った。

DSC001 VETVET14RE
途中、歩兵部隊を脱走し、グリーンベレー大尉と階級を偽りながらもLRRP(長距離偵察パトロール)と共に敵補給路を遮断すべくラオスに越境した『ラインバッカー作戦』。

DSC001 VETVET16RE
引続き特殊部隊に居座りながらも西サイゴンスチール会社の内部真相と謎の金塊を追って従事した『南越戦争』。
作戦時、GG少尉(当時、1等軍曹)と再会し、再び歩兵部隊に戻る事を決意した。

DSC001 VETVET17RE
歩兵部隊に戻ってからはマイク"ポスト"を無事本国に帰還させる為に従事した『明日、ナムにいない』。

気づいてみれば4回の重要作戦、任務に従事していた。
ただ、俺も本国に帰還したもののかつての脱走、階級偽証と軍法会議にかけられ罪に問われた。

DSC001 YOKOSUKA
幸い、有罪、不名誉除隊は免れたものの、2階級格下げとなり、かつての戦歴、功績は全て抹消された。
帰郷先のヨコスカリフォルニア州兵勤務となり州内の反体制勢力の暴動鎮圧に治安維持と退屈な日々を過ごしていた。


それから、ある任務に参加する事で階級の返上を条件に・・・

DSC001 VETVET POSHIT
2/501 INF(ABN) REGT SP4 POSHIT 再びこの地に現る!(GG少尉撮影)


今回、ちょっとシリアス風に演出してみた訳ですがw
つまり架空のストーリー

ベトベトしま戦か 第18戦 5月17日の2日目
今回のテーマは前記事にも書いたように「サイゴン陥落」です。
つまりベトベト実行委員会さん曰くファイナルイベントとする第18戦!

以下、公式ホームページから引用です。

―エピローグ―
1975年4月30日…南ベトナム開放民族戦線は大統領官邸に突入しミン大統領は降伏を宣言する。
ここにサイゴンは陥落しベトナム戦争は集結した
しかしサイゴンから30キロ離れたベトベト地区では忘れ去られた南ベトナム軍がゲリラ化し旧キャンプサボイを占拠し立て篭っていた。
在留米人を保護する為残留していた米軍と混成部隊を結成し最後の抵抗を行う。
ベトナム戦争終結から16日…歴史には残らない最後の戦闘が火蓋を切るのであった……。

さて今回もコールサイン"イーグル"こと第101空挺師団でエントリーしました。
おなじみ第101空挺師団 第183空挺歩兵連隊 第3大隊(SAITAMA101さん主体)に同行する第501空挺歩兵連隊 第2大隊所属の"隊員一人"って事でw

と言いたいところですが、テーマは上でも述べていますようにベトナム戦争終戦後のベトナム共和国(以下、南ベトナム)の崩壊とベトナム民主共和国(以下、北ベトナム)の傀儡による南ベトナム共和国臨時政府樹立を認めない元南ベトナム政府軍 チ大佐と元MACV サケスキー大尉とベトナムに残留する米兵が傭兵化して最後まで抵抗し南ベトナムの国土、政府復帰を奪還する作戦展開となっておりますw

???

何だか『ザ・ロック』みたいな展開・・・?

なので、改めまして元第501空挺歩兵連隊 第2大隊所属の"隊員一人"って事でw

ただ傭兵化したと言えども米軍規律を忘れない、統制が取れた部隊編成であります。
なのでジャージ着て、狙撃銃を振り回す、集団行動が出来ないストーカー野郎なんぞ一人もいません

一方、戦争に勝利した北ベトナム、解放戦線側は前夜の宴とは裏腹にかつての戦歴、功績により大佐までに上り詰めた?(CP無線交信のやり取りから聞き取れた)チェン・ポウ・コウに新ベトナム軍、民兵を率いて元南ベトナム軍の残党とそれを支援する傭兵部隊化したベトナムに残留する元米兵の帰国を阻止すべく殲滅命令を下した。

と言う勝手に脳内ストーリーw
つうかサケスキー大尉曰く「あなたが監督、演出、主演」と言うもんでw


DSC024VETVET18.jpg
今回、ベトベト地区での戦闘で同郷のケダム氏と出会うことが出来た。
風格はFNG(新兵)と言う感じだが、入隊は早かったのだろうか?階級と元の所属は不明のものの戦闘経験豊富の実力者のようだ・・・


DSC022VETVET18.jpg DSC021 VETVET18

DSC023VETVET18.jpg DSC025VETVET18.jpg

DSC026VETVET18.jpg DSC027VETVET18.jpg

DSC028VETVET18.jpg DSC029VETVET18.jpg

DSC030VETVET18.jpg DSC031VETVET18.jpg

DSC032VETVET18.jpg DSC033VETVET18.jpg

DSC034VETVET18.jpg DSC035VETVET18.jpg

DSC036VETVET18.jpg DSC037VETVET18.jpg

DSC038VETVET18.jpg DSC039VETVET18.jpg

DSC040VETVET18.jpg DSC041VETVET18.jpg

DSC042VETVET18.jpg DSC043VETVET18.jpg

DSC044VETVET18.jpg DSC045VETVET18.jpg

DSC046VETVET18.jpg DSC047VETVET18.jpg

DSC048VETVET18.jpg DSC049VETVET18.jpg

DSC050VETVET18.jpg DSC051VETVET18.jpg

DSC052VETVET18.jpg DSC053VETVET18.jpg

DSC054VETVET18.jpg DSC055VETVET18.jpg

DSC056VETVET18.jpg DSC057VETVET18.jpg

DSC058VETVET18.jpg DSC059VETVET18.jpg

DSC060VETVET18.jpg DSC061VETVET18.jpg

DSC062VETVET18.jpg DSC063VETVET18.jpg

クライマックスは我々、南側勢力が猛攻の末、全滅して終わりと言う展開なのですがその画像が無いと言うか撮影できなかったので(だって戦死役なんで)今回、北勢力側で参加された方のサイト、ブログで俺たちのニクイまさにアカデミーショーもんの名演技画像を閲覧してみれば良いでしょう。

DSC064VETVET18.jpg DSC065VETVET18.jpg
〆はスタッフ紹介と恒例プレゼントじゃんけん大会。

こうして残念な事に今回で『ベトベトしま戦か』が終了してしまいましたが、これからもユニット、スチュエーションも一部変更しながら

メイン
第101空挺師団 第501空挺歩兵連隊 第2大隊所属の"隊員一人" 
SP4 POSHIT(そろそろSGTに昇格かな?)

サブ
第5特殊部隊群(セクション、詳細はトップシークレットでw)"隊員一人"
自称・グリーンベレー大尉w(あくまでも妄想に過ぎませんが・・・)

おまけで
第5特殊部隊群 ソンタイ作戦風装備の"隊員一人"
これまた自称・グリーンベレー大尉w(インドア戦の小ネタとしてw)

と言う名目でリセットしながらベトナム戦装備はまだ継続してやって行きたいと思います

なんせアホカリ未参戦なもんですから・・・

DSC001 VETVET18 101ABN DIV
ナム戦装備の勇士達へ!
またどこかのイベント、フィールドでお会いしましょう(GG少尉撮影)


※写真は全てベトナム戦争当時の物ではありません。あくまでもサバイバルゲーム及びフィクションであります。ただ当時の雰囲気を出す為あえてモノクロにしております(笑)。
また本文、ストーリーは全くのでっち上げでベトナム戦争の実録史にはございませんのでご理解お願いします。
スポンサーサイト

2015.5.16-5.17:ベトベトしま戦か?第18戦-サイゴン陥落- (前半:1日目)

2015年(平成27年)5月16日~17日、場所は千葉県香取市に所在するGARDEN(旧エリア51)さんのフィールド。
今回はベトベト実行委員会さん主催のベトベトしま戦か?第18戦-サイゴン陥落-に参加しました。
ベトベト実行委員会さんが主催するゲームへの参加は5回目であります。

前回の第17戦目におきましては第101空挺師団 第187空挺歩兵連隊 第3大隊ユニットでおなじみのsaitama101さんの勇士達に大変お世話になりました。

さて、その第18戦ですが今回も両日参加と言うことで前半、後半に分けてレポートしたいと思います。

5月16日の1日目。

今回はタイトル通りベトナム戦争終結と言えるサイゴン陥落をテーマとしたゲームであります。



DSC001WIKPHOTOFOS.jpg
画像はWIKIPEDIAより

1975年4月30日、ベトナム共和国(以下、南ベトナム)は軍事、経済援助を行っていたアメリカ合衆国に見捨てられてしまい、援助を絶たれた南ベトナム政府軍は疲弊状態に陥り、中には武器、軍服を捨て逃亡する兵士もいた。

そして遂にベトナム民主共和国(以下、北ベトナム)及び同国正規軍が南ベトナムの首都であるサイゴン市に到達するのであった。

それを受けて残留していたアメリカ大使館職員はじめ在越アメリカ人、対米協力者である南ベトナム人等のサイゴン市からの脱出が始まった。
アメリカ大使館前では共に国外脱出を試みる多くのサイゴン市民でごった返しとなり、まさにサイゴン市は緊迫な状態に陥ってしまったのであった。

時の南ベトナム大統領であったズオン・バン・ミンを辞任に追い込み、結果南ベトナムは崩壊し北ベトナムの傀儡による南ベトナム共和国臨時政府が樹立されたのであった。
ここに10年間に渡るベトナム戦争が終結したのであった。


それから数日後・・・


5月16日、サイゴン市では依然と緊迫な状態であったが、同市から30キロ離れたベトベト地区では北ベトナム軍、旧南ベトナム軍兵士、ベトナム村人と残留していた米軍兵士の間で長年に渡るベトナム戦争終結を祝う宴が行われていたのであった。まさに「政治と武器は無し」で(イン大佐?)


DSC001 VETVET18
いつもながらの光景・・・。

DSC002 VETVET18
最近、1等軍曹から大学卒業を機に少尉に昇格したGG。
この日は臨時MP(憲兵)として記念式典での警備で大忙しの日々を迎えていた。

DSC003 VETVET18
おっと!警備の前にファーストミッション!宴の準備とライバック(セガールねw)に負けずと炊事で大忙しのGG少尉(笑)。

DSC004 VETVET18
よっし!準備OK!(GG少尉・談)

DSC005 VETVET18
宴のダンサー娘達も到着。

DSC006 VETVET18
「終戦バンザイ!よっしゃー!大酒食らうか!」
とばかりの2/501 INF(ABN) REGT 相変わらず"隊員一人"のSP4 POSHIT(俺w)。
と左は「反戦」をアピールするアメリカヒッピー?青年。

DSC007 VETVET18
北ベトナム兵、アメリカ青年、POSHIT。
思う事は終戦バンザイ!

DSC008 VETVET18
この日の為に中国人民解放軍(左)と朝鮮人民軍(右)の関係者も式典に参列。

DSC009 VETVET18
スローガンを掲げる北ベトナム兵。

DSC010 VETVET18
北ベトナム兵も高級カメラwを手にこの記念すべき日を撮影と。

DSC011 VETVET18
ショーが始まり・・・

DSC012 VETVET18
お馴染みピーラー2等軍曹率いる臨時MP部隊登場!
「いよいよダンスショーが始まりますよ!GG少尉!あれ?少尉はどこへ行った?」

DSC013 VETVET18
「わっけてた!今日は臨時MPだったんだ!」(POSHIT・談)
「ぐふぇふぇ!POSHIT!お前の暴走、俺が阻止してやるぜ!」(GG少尉・談)
少尉になってもバリバリ軍曹魂を発揮するGG少尉。

DSC014 VETVET18
今日こそは・・・

DSC015 VETVET18
隙を見てだね・・・

そ~

バン!

DSC016 VETVET18
「やりおったな貴様!営倉でなくア○中病棟にぶち込むぞ!」(GG少尉・談)
「うへーっ!お許しくださせお代官さま~!」(POSHIT・談)

DSC017 VETVET18
ショーはまだまだ続き・・・

DSC018 VETVET18
恒例、腕相撲大会!
ベトナム村娘VSアメリカ兵

DSC019 VETVET18
同じく
北ベトナム特殊部隊員?VSベトナム村青年

DSC020 VETVET18
ミッション終了!
改めてカンパイ!

とベトナム戦争の終結と平和な未来を祝っていたはずだったのだが・・・

続く。

※写真は全てベトナム戦争当時の物ではありません。あくまでもサバイバルゲーム及びフィクションであります。ただ当時の雰囲気を出す為あえてモノクロにしております(笑)。
また5月16日以下の本文、ストーリーは全くのでっち上げでベトナム戦争の実録史にはございませんのでご理解お願いします。

2014.4.12-4.13:ベトベトしま戦か?第17戦-明日、ナムにいない- (後半:2日目)

前日のバーベキューに酒そして慰問団によるダンスショー、宴会と思う存分楽しんだ翌の10月6日7時。
「グッ~(ド)モーニング!ベトナム」とアナウンスがキャンプ内に響き渡り起床。
  ↑↑↑
16戦のコピー
それから7時半から軍装チェックと8時よりサケスキーさん司会の下、開会式及び部隊編成が行われました。
今回の17戦のテーマは?

以下、公式ホームページから引用です。
―エピローグ―
1974年4月…ベトベト地区に駐留する混成中隊ブラボーカンパニーに所属する元郵便配達の兵士(ポスト)はデロス(満期除隊)を目前に控えていた。
明日には迎えのヒューイが来る予定であった…。しかし、底意地の悪い中隊付き士官により最前線偵察任務の命を受けてしまう。
満期を前に死んでいった仲間達の顔がよぎる…。ポストは自分の不幸を呪った。
おなじ小隊のドンキ、ボンビがポストの肩を叩く、「俺達に任せろ!必ず明日のヘリには乗せてやる。お前は“明日、ナムにいない!”」
果たしてポスト達の運命は!
無事に戦場を脱出できるのであろうか…!
と何だか・・・
『プライベート・ライアン』を彷彿させるようで何だか泣けてくるストーリーですね
それはさて置きまして
前日、出撃前にその今回の主人公ことポストと杯代わりにサバゲー、装備談義やら語りあいましたw

さて今回はコールサイン"イーグル"こと第101空挺師団でエントリーしました。
第101空挺師団でのエントリーのスチュエーションは初めてベトベトに参加した時のように第183空挺歩兵連隊 第3大隊(SAITAMA101さん主体)に同行する第501空挺歩兵連隊 第2大隊所属の"隊員一人"って事で
2年ぶりに"イーグル"に復帰です

DSC013 VETVET17
今回のエピローグの重要人物ことFNG MIKE"POST"

DSC014 VETVET17

DSC015 VETVET17

DSC016 VETVET17

DSC017 VETVET17

DSC018 VETVET17

DSC019 VETVET17

DSC020 VETVET17

DSC021 VETVET17

DSC022 VETVET17

DSC023 VETVET17

DSC024 VETVET17

DSC025 VETVET17

DSC026 VETVET17

DSC027 VETVET17

DSC028 VETVET17

DSC030 VETVET17

DSC031 VETVET17

DSC032 VETVET17

DSC033 VETVET17

DSC035 VETVET17

DSC036 VETVET17
最後は任務遂行中の管理人ことYAMA。

任務終了後、POSTは無事、故郷のお袋さんと再会したとさ

写真上から2枚目は作戦従事(参加)4回目って事でベトベト・ベテランらしく一丁前に大○団長風グラサンを掛けて気取る管理人YAMA
ん~貫禄ついてきたかな

と自画自賛はさて置いときまして・・・

今回はGGさんから借用したA&K社製のM60でガナーを努めました。
初めて使用した感想ですが・・・
やはり「重すぎ」っと言った感ですが、まさに機関銃らしい連射撃ちが楽しめるトイガンと言えましょう。
つうか、実機関銃撃ったことあんのかよ?と自

ともかくサンクス!GGさん

今回も思う存分に楽しませてもらった第17戦!次回、第18戦は10月の予定だそうです・・・???

また次回も思う存分にベトベトしたいと思います(笑)。


※写真は全てベトナム戦争当時の物ではありません。あくまでもサバイバルゲーム及びフィクションであります。ただ当時の雰囲気を出す為あえてモノクロにしております(笑)。

2014.4.12-4.13:ベトベトしま戦か?第17戦-明日、ナムにいない- (前半:1日目)

2014年(平成26年)4月12日~13日、場所は千葉県香取市に所在するエリア51さんのフィールド。
今回はベトベト実行委員会さん主催のベトベトしま戦か?第17戦-明日、ナムにいない!-に参加しました。
ベトベト実行委員会さんが主催するゲームへの参加は4回目であります。

前回の第16戦目におきましては第14戦に続き、第173空挺旅団付きLRRPユニットでおなじみのSSGAさんの勇士達に大変お世話になりました。

さて、その第17戦ですが今回も両日参加と言うことで前半、後半に分けてレポートしたいと思います。

前夜祭内容は『2012.9.29-9.30:ベトベトしま戦か?第16戦-南越戦争- (前半:1日目)』を参照と
相変わらずサボリ気味の管理人ことYAMAでありますがね


DSC001 VETVET17

DSC002 VETVET17

DSC003 VETVET17

DSC004 VETVET17

DSC005 VETVET17

DSC006 VETVET17

DSC007 VETVET17

DSC008 VETVET17

DSC009 VETVET17

DSC010 VETVET17

DSC011 VETVET17

DSC012 VETVET17

以上、前夜祭の写真です。

今回、腕ずもう大会の敗者へのARVN・チ大佐直々の拷問プレイ(ふり)ですが参戦4回目にして初めてみました

そんな痛々しい拷問プレイ(ふり)はさて置きまして・・・

毎度ベトベト、ネット共にお世話になっております軍曹GGさんのバーベキューと酒をご馳走になりました。

今回はそんな軍曹GGさんと"RPG-2"でエントリーしました。
で、今回は何のユニットでエントリーしたかと言いますと・・・。

2番目の写真でもうお分かりだと思いますが

続く。


※写真は全てベトナム戦争当時の物ではありません。あくまでもサバイバルゲーム及びフィクションであります。ただ当時の雰囲気を出す為あえてモノクロにしております(笑)。

2013.10.05-10.06:ベトベトしま戦か?第16戦-越南戦争- (後半:2日目)

前日のバーベキューに酒そして慰問団によるダンスショー、宴会と思う存分楽しんだ翌の10月6日7時。

「グッ~(ド)モーニング!ベトナム」とアナウンスがキャンプ内に響き渡り起床。

  ↑↑↑

14戦のコピー

それから7時半から軍装チェックと8時よりサケスキーさん司会の下、開会式及び部隊編成が行われました。

今回の16戦のテーマは?
タイトルにはそのまま『越南戦争』とありますが、ベトベト実行委員会さんの公式サイトのイベント告知のタイトル上に「日曜劇場」?「来ない奴は倍返し・・・いや、10倍返しだ!」?

それと概要には・・・

以下、公式ホームページから引用です。

―エピローグ―
ベトナム共和国ではアメリカからの軍事援助を我が物にしようと私腹を肥やす為に相次ぐクーデターをおこし
上層部では醜い派閥争いが繰り広げられていた。MACVは1963年から共和国内の産業発展のため融資を行っていたが政府高官の不正融資により
回収不能、不良債権に悩まされていた。「西サイゴンスチール」も無担保で5億ドルを融資し粉飾決済の結果破産した会社の一つであった。
しかし、「西サイゴンスチール」は南ベトナム解放民族戦線のフロント企業であった事が発覚。5億ドルは金塊となりホーチミンルートを経由しラオスへと運び出されようとしていた。
これを知ったMACVは「オペレーション・ダブル・リベンジ」を発令する。
ラオスへ脱出しようとする解放民族戦線、善意の第三者として利権を狙う南ベトナム軍…三つ巴の戦闘が勃発するのであった…。

これって・・・?

今、ブームであります!
堺雅人さん主演の『半沢直樹』をインスパイアさせた内容じゃん!
っと、そんな主演であります堺雅人さんですが、この方・・・、実は管野美穂さんと結婚された事で初めて知りました
いや~それにしましても誰もが羨む美男美女夫婦
「むひょ~チキショー」
ちょっとキング風につうか北斗の〇じゃないっすよ

それはさて置きまして

今回はSOG (RT)隊員として当イベントに参加表明したのですが、相変わらずSOGどころかグリーンベレー(アメリカ陸軍特殊部隊)の参加者すらいませんでしたよ(泣)。やはり人気ないのかなぁ・・・グリーンベレー(汗)。にしてもシールズ圧倒

そんな中、スターボハーネスはじめ完全なSOG RT装備をしたゲーマーさんがエントリーされておりました。
今回も第173空挺旅団司令部付きLRRP部隊として数々の特殊任務をこなしておりますSSGAさん4名主体に計6名で情報収集かつ特殊任務に従事しました。
今回はエピローグにあります金塊を持ってラオスへ逃亡しようとする北側の要人チ〇ン・ポ〇・コ〇将軍ならぬ・・・、今回のターゲットことアレックス氏の追跡任務が主任務でした。
ん~まさに特殊部隊らしい任務だす

それで、RPG-2で同じくSOG隊員として登録しました軍曹GGさんですが・・・。
ん~今回は急遽、編成変更がありイーグル(101空挺師団)へ帰還。
つうか俺もそろそろイーグルに帰還しなくては

前にも記述しましたように1に分隊長、2にRTO(通信兵)、3にメディックと言うことで最近、何気にサボリーマン癖の酷い俺故に今回もメディックに就きました。


DSC011 VIETVIET16

DSC012 VIETVIET16

DSC013 VIETVIET16

DSC014 VIETVIET16

DSC015 VIETVIET16

DSC016 VIETVIET16

DSC017 VIETVIET16

DSC018 VIETVIET16

DSC019 VIETVIET16

DSC020 VIETVIET16

DSC021 VIETVIET16

DSC022 VIETVIET16

DSC023 VIETVIET16

DSC024 VIETVIET16

DSC025 VIETVIET16

DSC026 VIETVIET16

DSC027 VIETVIET16

DSC028 VIETVIET16

DSC029 VIETVIET16

DSC030 VIETVIET16

DSC031 VIETVIET16

DSC032 VIETVIET16

DSC033 VIETVIET16

DSC034 VIETVIET16

DSC035 VIETVIET16
以上、フィールド内、ゲーム中写真です。

DSC036 VIETVIET16
作戦終了後のキャンプ・サボイにて軍曹GGさんと管理人ことYAMA。

作戦中、敵に発見され交戦は少なく、ベトベト恒例、チ〇ン・ポ〇・コ〇将軍率いる北側の捕虜になると言う法則はなく珍しく非常にクールな雰囲気
終盤は金塊を発見するもアレックス氏の姿はなく、北側参加者によるキャンプ・サボイへの猛攻撃と名演技でベトベト16戦幕を閉じました
つうか、さりげなく赤枠で囲っているのがアレックス氏です

今回も思う存分に楽しませてもらった第16戦!次回、第17戦は来年の4月の予定だそうです。また次回も思う存分にベトベトしたいと思います(笑)。


※写真は全てベトナム戦争当時の物ではありません。あくまでもサバイバルゲーム及びフィクションであります。ただ当時の雰囲気を出す為あえてモノクロにしております(笑)。
プロフィール

YAMA

Author:YAMA
2011(平成23)年8月28日のサバゲー復帰から現在までのサバゲー記録、イベント報告、雑記を綴っております。

平成29年3月26日現在

※時々、誤字脱字や投稿記事の内容、情報に誤りまたは展開があった場合、重要、特筆でない限りは予告無しで文章を変えている事もありますのでご了承下さいm(_ _)m

ブログ内の画像に関しまして
当方が撮影しました画像以外の物(他サイト様からの拾い物)につきましては画像下にサイト名またはURLのクレジットを記述しております。

注意:サバイバルゲームにおけるあらゆるトラブルに関しましては当方は一切責任を負いません事を御了承下さい。
全て自己責任でお願いします。

壁紙は『迷彩図鑑』様よりお借りしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR